HOME | 教員紹介 | 本 秀紀

教員紹介


本 秀紀  
もと ひでのり 

役職

教授

専門分野・担当

憲法

研究テーマ

憲法秩序における政党の位置づけ
民主政の規範理論
「市民的公共圏」の憲法学的分析
 

所属学会

日本公法学会
全国憲法研究会
憲法理論研究会
ドイツ憲法判例研究会ほか

略歴

 1988年 名古屋大学法学部卒業
 1990年 名古屋大学大学院法学研究科博士課程(前期課程)修了(修士(法学))
 1993年 名古屋大学大学院法学研究科博士課程(後期課程)期間満了退学
 1993年 名古屋大学法学部助手
 1994年 名古屋大学法学部助教授
 1996年 博士(法学)学位取得(名古屋大学)
 1999年 名古屋大学大学院法学研究科助教授
 2004年より現職
 

主要著作

 『現代政党国家の危機と再生』(日本評論社、1996年)
 『市民的公共圏形成の可能性』(共著)(日本評論社、2003年)
 『現代憲法における安全』(共著)(日本評論社、2009年)
 『政治的公共圏の憲法理論』(日本評論社、2012年)
 『ケースブック憲法[第4版]』(共編著)(弘文堂、2013年)
 『憲法講義』(編著)(日本評論社、2015年)
 『グローバル化時代における民主主義の変容と憲法学』(編著)(日本評論社、2016年)
 
 

教員からのメッセージ

 憲法学は、身近な人権問題から天下国家のあり方まで論じられる幅広いパースペクティヴをもっています。憲法なんてものがなぜ存在するのか、という「そもそも論」にまでさかのぼりながら、解釈論の向こうに広がる奥深い世界にふれてほしいと思います。
 
 名古屋大学 「教員プロフィール」のページ