HOME | 教員紹介 | 松中 学

教員紹介

松中 学 
まつなか まなぶ 

役職

准教授

専門分野・担当

会社法

研究テーマ

買収法制の形成過程
新株発行の法規整
株主の私的利益の研究

所属学会

私法学会など

略歴

大阪大学法学部
大阪大学大学院法学研究科
大阪大学大学院法学研究科・助教
新潟大学法学部・准教授
 

主要著作 

 
 

教員からのメッセージ 

 会社法の分野では、様々な新しい問題が生じ、法ルールも相当なスピードで変化します。したがって、現在の法ルールを理解する際にも、その表面的な内容を知るだけでは意味がなく、ルールの機能を理解する必要があります。また、頻繁にルールが変化したり、新たなものが出てくるので、ルールの形成それ自体も面白い研究対象です。このようなことを分析するには、経済分析をはじめとする他分野の手法の応用も重要な役割を果たしています。私自身の研究でも、授業でもこのような伝統的な法学とは少し違った面を持つ、会社法(だけでなく商法の分野)のアカデミックな面白さも伝えられればと思っています。
http://www.law.nagoya-u.ac.jp/~m-matsunaka/