HOME | 教員紹介 | 古川 伸彦

教員紹介


古川 伸彦 
ふるかわ のぶひこ 

役職

教授

専門分野・担当

刑法

研究テーマ

犯罪論(とくに過失犯論)

所属学会

日本刑法学会

略歴

東京大学法学部卒
 

主要著作 

「過失犯における注意義務の内容(1)~(4・完)」法学協会雑誌123巻8~11号(2006年)
 「過失犯における注意義務の内容」刑法雑誌46巻3号(2007年)
 

教員からのメッセージ 

 刑法は,どういうことを行ったら犯罪となるか,それに対してどのような刑罰が科されるか,という国家の刑罰権発動のルールを定めています。犯罪は,時代の進化に相応して,常に「想定外」の出来事を引き起こします。
 既存の知識の暗記だけでは,そのような新しい事態に対処することはできません。私たちの社会に生じる,正解のないトラブルに立ち向かうための基本的な素養を身に付けることこそ,法を学ぶ終極の目標といえましょう。