HOME | 教員紹介 | Frank Bennett

教員紹介


Frank Bennett 
フランク ベネット 

役職

准教授

専門分野・担当

比較法

研究テーマ

財産権の構成・発展に対する手続法の影響
英米訴訟の比較研究

所属学会

B.A., University of California (Berkeley), 1981
J.D., UCLA School of Law, 1987

略歴

 

主要著作

 

教員からのメッセージ 

 法律研究の大部分は、詳細に条文を分析することによるものであります。これは、法律の条文は社会に大きな影響を与える為であって、法律教育の一つの不可欠な側面でありますが、比較法学の学問に入りますと、見慣れた物も新しい目で見て、研究の対象にしている法律制度の相違の根拠とその意義を追及することになります。この為、法律の内容と法律の裏にある政策以外に、より広く社会的な要因、特に歴史の流れで伝わってきた機関(司法制度を含んで)の構成を考慮する必要があります。
 国際取引の促進等の為、ある法律分野の中で、国々の若干の法律条文を調和する過程が進んでいますが、それによって比較法学の役割が縮むことはないと思われます。実体法の条文の調和が進んでも、条文の執行は社会に細かく合わせてある根強い手続き法に委ねられますので、外国の法律制度に対応する技術の評価が高まっていくことでしょう。
 Most legal study is pursued, as it were, by putting the law under a microscope, and studying its provisions in detail. This is an indispensible aspect of legal study. But when we study law as true comparativists, we are forced to consider the significance and the origins of differences that we find between legal systems. This requires that we take a much broader view, and consider the function that law plays in a wider social context within systems being compared.
While some areas of the law, such as contract, have become the subject of “legal harmonization” projects which aim to smooth out the differences between different legal systems, comparative law has, if anything, an increased role in a modern legal education. For even these new harmonized laws must be enforced through procedural systems that have a deep connection with the societies that maintain them. Learning to accept and to work within unfamiliar legal environments is an important feature of modern legal education.