HOME | 教員紹介 | 武田 宏子

教員紹介

武田 宏子
たけだ ひろこ 

役職

教授

専門分野・担当

専門分野 政治社会学、政治過程論、ジェンダー研究、日本研究

研究テーマ

「統治性」/バイオポリティクス、ジェンダー/家族/「再生産」とガバナンス、政治経済の批判的ジェンダー分析、リスク言説の政治、政治言説分析
 

所属学会

日本政治学会
Political Studies Association.
International Political Science Association.
International Sociological Association.
European Association for Japanese Studies.

略歴

立教大学法学部法学科卒業
立教大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
University of Sheffield, School of East Asian Studies, PhD.
Cardiff University, Cardiff Business School, Cardiff Japanese Studies Centre, Lecturer.
University of Sheffield, School of East Asian Studies, Lecturer (tenured).
White Rose East Asia Centre, National Institute of Japanese Studies, Research Cluster Director (‘Social Changes and Transition’).
東京大学総合文化研究科附属国際日本研究教育機構 特任准教授 を経て現職
 

主要著作

● (2016) ‘Power over Family Policy: Governing of or Governing through the Family’ in Gill Steel (ed.) Power in Contemporary Japan, New York: Palgrave, pp. 93-107.
● (2016)「親密性をめぐるせめぎあい―政治経済の構造変革と家族/ジェンダー」キャロル・グラック・五十嵐暁朗編『思想史としての現代日本』岩波書店、116-48頁。
● (2015-16) 「2015年イギリス総選挙を「周辺」から考える —「反エスタブリッシュメント」の政治の展開 1-3」生活経済政策、Np. 227, 228 & 230、22-7、33-7&28-33頁。
● (2015)「西崎キク―大空から大地へ」栗原彬・吉見俊哉編『ひとびとの精神史第1巻』岩波書店、2015年、283-308頁。
● (2013) ‘Securitizing Food in Japan: Global Crises, Domestic Problems and a Neoliberal State’, in Wilhelm Vosse, Reinhard Drifte and Verena Blechinger-Talcott (eds) Governing Insecurity in Japan: the Domestic Discourse and Policy Response, Abingdon, Oxon: Routledge, pp. 92-112.
● (2011) ‘Gender-Related Social Policy’ in Alisa Gaunder (ed.) The Handbook of Japanese Politics, Abingdon, Oxon: Routledge, pp. 212-22.
● (2008) ‘Structural Reform of the Family and the Neoliberalisation of Everyday Life in Japan’, New Political Economy, Vol. 13 No. 2, pp. 153-72. 
● (2008) ‘Delicious Food in a Beautiful Country: Nationhood and Nationalism in Discourses on Food in Contemporary Japan’, SEN: Studies in Ethnicity and Nationalism, Volume 8, No. 1, pp. 5-29.
● (2007) ‘“Self-responsibility” and the Nature of the Japanese State: Risk through the Looking Glass’, Journal of Japanese Studies, Vol. 33 No. 1, pp. 93-123 (with Glenn D. Hook). 
● (2005)The Political Economy of Reproduction in Japan: Between Nation-State and Everyday Life, London: RoutledgeCurzon. 
 

教員からのメッセージ

 アメリカ人の社会学者、C.W.ミルズは、日常生活で経験する問題について、政治社会の構造と関連させながら考察することのできる能力のことを「社会学的想像力」と呼びました。私は、大学の政治学教育で一番重要なことは、「政治学的想像力」を身に着けてもらうことであると考えています。「女性活躍」や待機児童問題など、私たちの日常生活と深く関わる政治問題が盛んに議論されている現在、皆さんと一緒に「政治学的想像力」を鍛えていきたいと考えています。