HOME | 教員紹介 | 榎本 修

教員紹介

榎本 修 
えのもと おさむ

 

役職

教授(実務家教員)
弁護士

専門分野・担当

法律実務全般
ロイヤリング (2017年度) 
法曹倫理 (2017年度)

研究テーマ

弁護士の法律相談、交渉の技術、法文書作成のあり方など法律実務(ローヤリング)
 

所属学会

日本私法学会、日本国
臨床法学教育学会、日本国

学歴

1992年03月  京都大学法学部 卒業
 

職歴 

最高裁判所司法研修所 第46期司法修習生(名古屋地方裁判所配属) 1992年~1994年
弁護士登録(名古屋弁護士会[現 愛知県弁護士会])1994年~現在
北村利彌法律事務所勤務弁護士 1994年~1999年
1999年 えのもと法律事務所を設立。
2003年 上記事務所を法人化(現 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所)
愛知大学法務研究科(法科大学院)教授 2004年4月~2009年3月
名古屋簡易裁判所 非常勤裁判官(民事調停官)2010年10月~2012年9月
愛知県弁護士会副会長 2014年4月~2015年3月
中部弁護士会連合会事務局長 2016年4月~2017年3月
 

取得学位

学士(法学) , 京都大学 , 1992年03月

著書等

●ローヤリング(ロイヤリング)関係
 「初回面談の基本技術」名古屋ロイヤリング研究会『実務 ロイヤリング講義―弁護士の法律相談・調査・交渉・ADR活用等の基礎的技能』(民事法研究会、第2版、2009年)所収。

●民事法(民法・商法・会社法・倒産法等)関係
「未完成マンション工事の請負報酬請求事件」瀬川信久ほか編『事例研究 民事法』(日本評論社、2008年)所収。
民法の基本から区分所有法等について検討する」『Law school演習№2』(民事法研究会、2009年)。

●法曹倫理関係
「民事における依頼者弁護士関係(3) —— 辞任・紛議」森際康友編『法曹の倫理』(名古屋大学出版会、第2版、2011年)所収。

●法曹養成関係
『入門 法科大学院-実務法曹学修ガイド』(共著)(弘文堂、2012年)。
 

学術論文等

●ローヤリング(ロイヤリング)関係
「実務基礎科目『ロイヤリング』の現状と課題」判例タイムズ1224号11頁(2007年)。
「刑事面接技術の具体的課題~刑事弁護人の面談の実情に関する研究-第一審(起訴後)及び控訴審-」加藤克佳編「刑事弁護のための相談技法の研究」所収(2012年)。 
「企業間の契約交渉-M&Aの契約締結交渉」日本弁護士連合会法科大学院センターローヤリング研究会編『法的交渉の技法と実践-問題解決の考え方と事件へのアプローチ』(民事法研究会、2016年)所収。

●民事法(民法・商法・会社法・倒産法等)関係
「貸金業の規制等に関する法律43条の『みなし弁済』規定の適用がないとされた事例」愛知大学法学部法経論集第166号(2004年)、政策提言・論評解説・書評等。

●法曹養成関係
「新60期司法修習生およびその指導弁護士に対するアンケートの結果と分析―卒業生の実像から法科大学院教育を検証する」法学セミナー637号50頁(2008年)。
その他の研究業績

●ローヤリング(ロイヤリング)関係
B.L.カトラー著 浅井千絵・菅原郁夫共訳『目撃証人への反対尋問―証言心理学からのアプローチ』、翻訳協力(北大路書房、2007年)。
「法律業務において法律専門家は何をめざすべきか : 依頼者の納得と安心のためのローヤリング」 (特集 依頼者・関係者等との信頼関係を考える) 市民と法89号(2014年)。

●民事法(民法・会社法・商法・倒産法等)関係
新司法試験プレテスト 短答式問題学習のポイント 民事系科目 (法学セミナー611号25頁(2005年))、その他(雑誌、新聞記事等)。
「民事訴訟法入門」土地家屋調査士584~591号(2005~2006年)。
「新司法試験の問題と解説(民法に関するもの)」(共著、20006年、2007年、2008年、法学セミナー増刊。

●法曹養成関係
法科大学院探訪(11)愛知大学法科大学院--地域に根ざして仲間を育てる 新堂幸司教授、加藤克佳教授、榎本修教授に聞く(「法学セミナー」602号1頁(2005年)。
ひと筆「 宮地先生への手紙--『NPO法人ロースクール奨学金ちゅうぶ』のこと」(「自由と正義」57巻12号(2006年))。
ロー・ジャーナル ロースクールニュース 民事模擬裁判・法科大学院対抗戦--名古屋大学・南山大学・愛知大学(藤田哲・木下芳宣・榎本修)、法学セミナー630号8頁(2007年)、その他(雑誌、新聞記事等)。
「司法試験『公正らしさ』を失う恐れ」、2007年9月7日付朝日新聞「私の視点」、【英訳】“Bar exam fiasco creates deplorable situation”、2007年9月20日付International Herald Tribune/The Asahi Shimbun”Point of view”、その他(雑誌、新聞記事等)。
法科大学院探訪(42)躍進を支える実務家教員の情熱と「教育力」 愛知大学法科大学院--加藤克佳教授(法科大学院長) 榎本修(教学主任・弁護士) 互敦史教授(派遣検察官)に聞く(法学セミナー633号1頁(2007年)、その他(雑誌、新聞記事等)。
「共に働く『仲間』を育てる」(特集「リーガル・サービスと法律家像の未来」 弁護士のフィールドに聞く)、インタビュアー(早稲田大学法科大学院生)に よる聞き取り(法学セミナー636号52頁(2007年)、その他(雑誌、新聞記事等)。
  
 

社会的活動

2003年 NPO法人ロースクール奨学金ちゅうぶ専務理事(現任)
2008年 日本弁護士連合会法科大学院センター副委員長(~2014年)
2014年 愛知県弁護士会副会長(~2015年)
2016年 中部弁護士会連合会事務局長(~2017年)
2016年 財務省第8入札等監視委員会委員(現任)
2016年 名古屋家庭裁判所 調停委員(現任)
2016年 愛知県弁護士会紛争解決センター あっせん・仲裁人候補者(現任)